乳がんは早期発見によりその治癒率がとても高くなります。
そのために、日ごろから乳房の変化に気づくよう、注意して観察しておく必要があります。
では、どのような変化を見ておけばいいのでしょうか。

スポンサードリンク

乳がんの早期発見

乳頭や乳輪部などに、アトピー性皮膚炎のような湿疹が出来る事があります。
この場合は副腎皮質ホルモン軟膏、いわゆるステロイドを使って治療していく事になります。

しかし、これとは違い、乳頭がただれて、治りにくい湿疹が出来る場合があります。
これは「パジェット病」と言われる、特殊な場合の非浸潤がんという乳がんの一種の症状です。
このような症状が見られる時は早めに専門医の診察を受けるようにしましょう。

次に脇の下にしこりが出来る場合があります。
しかし、しこりがあるからと言って必ず乳がんとは限りません。
脇の怪我などで腫れる場合もありますし、良性のしこりの場合もあります。
しかし、脇の下にあるリンパ節に乳がんが転移している場合もありますので、脇の下にしこりが確認できる場合も早めに診察を受けるようにしましょう。

最後に、しこりがより進行して、皮膚の表面にまで出てくると、乳房の皮膚を引っ張り、えくぼのようにくぼんだり、引き連れたりする事があります。

最初のうちは乳房をつまむとへこみが分かる程度ですが、進行していくにつれ、なにもしていなくてもくぼむようになってきます。
その他に、皮膚がオレンジの皮のようになったり、熱や痛みを伴う場合もあります。

いずれの場合も、それがあてはまるからと言って必ず乳がんとは限りません。

しかし、日ごろから自分の体のチェックを日常化して、少しの変化も見逃さないようにしておきましょう。

スポンサードリンク

▲このページのトップへ

携帯版のQRコード

乳がん治療法:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://chiryo.fo20.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。