「痴呆」というのは、成人した人の脳の器質的変化が原因となって起こる、知能低下の状態になった事を言います。

スポンサードリンク

アルツハイマー型痴呆と脳血管性痴呆

『精神疾患の分類と診断の手引きDSM-4』という精神病の診断マニュアルには、以下のように痴呆を分類しています。

「アルツハイマー型によるもの」「脳血管性によるもの(以前は多発梗塞性の痴呆となっています)」「特定不能によるもの」「物質誘発性で持続性によるもの」「他の疾患によるもの」「複数の病因によるもの」

これらの痴呆の種類の中で、もっとも主なものとしては、「アルツハイマー型によるもの」「脳血管性によるもの」となっています。
それぞれ、どのような症状の痴呆の事を言うのでしょうか?

アルツハイマー型による痴呆

このタイプの痴呆は、老年痴呆とも呼ばれており、脳が老化することによって脳神経細胞が変形したり、又は萎縮したことによって生じてしまいます。
最初の症状としては、物忘れがひどくなってしまったり、記憶が混乱するなどの症状がおきるようになってきます。
そして、次第に認識することが難しくなったり、言葉が分からなくなる等の症状が深刻になってしまい、死に至ってしまうのです。
治療方法に関しては、残念ですが分かっていません。

脳血管性による痴呆

特定部位が脳出血や脳梗塞によって傷害された為に起こるもので、多発梗塞性痴呆とも呼ばれています。
小さな梗塞巣がたくさん出来ることで、精神障害を起こすものとなっています。

スポンサードリンク

▲このページのトップへ

携帯版のQRコード

痴呆症の症状と治療:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://chiryo.fo20.com/chihou/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。