血管性頭痛 緊張性頭痛 脳腫瘍 脳卒中 慢性硬膜下血腫

「頭痛」というのは、経験した人は分かると思いますが、かなりきついものです。
そして、この頭痛で悩んでいる人は、意外にも多いものなのです。

スポンサードリンク

頭痛というのは、種類がありそれぞれ症状も異なっています。

頭痛の内、「血管性頭痛」「緊張性頭痛」が、慢性頭痛の90%近くを占めています。

それぞれ、どのような痛みが起きるのかお教えしましょう。

「血管性頭痛」

異常に脳内の血管が拡張するために起こる頭痛の事をいいます。

「緊張性頭痛」

筋肉の収縮が持続的に起こる頭痛の事をいいます。
この緊張性頭痛や片頭痛の場合は、反復して起こってしまうので、きつい思いをする人も多いでしょう。

頭痛は、しばらくすると治まる場合が多いので、あまり気にしない人もいるかもしれませんが、すべての頭痛が安心というわけではありません。
なぜなら、「慢性硬膜下血腫」「脳腫瘍」といった病気の場合もあるので、注意しましょう。

また、脳卒中の場合でも頭痛が起こることがあるので、たかが頭痛と思わずに気をつけておきましょう。

頭痛というのは、本人にとってはかなり大変で苦痛なものです。
勿論心配のないものが多いのですが、脳腫瘍や慢性硬膜下血腫から二次的症状が出ることもあるので、安易に考えないほうがよいでしょう。

頭痛で悩んでいる人は、やはり専門のところでキチンとした検査を受けることをお勧めします。
頻繁に起こる人は、一度MRIなどを撮って、診断してもらうとよいのではないでしょうか?

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

痴呆症 クロイツフェルト・ヤコブ病とコルサコフ症候群
老人ボケとも呼ばれているアルツハイマー型痴呆というのは、初老期と老年期に発病して......
厚生省の調査による痴呆症の人数
日本国内で、痴呆を抱えている高齢者の数というのは、厚生省の調査によると百万人程に......
脳出血と脳梗塞と痴呆症の関係
様々なタイプがある痴呆の中でも、アルツハイマー型痴呆は代表的なものとされています......
脳外傷が原因の痴呆症の症状と治療
「脳外傷」というのは、どのような状態をいうのでしょうか? 脳の組織が、事故や大き......
脳の委縮するアルツハイマー型痴呆
大脳の萎縮や神経伝達物質の変化というのが、アルツハイマー型痴呆ではみられるようで......
認知症 寝たきりが原因の仮性痴呆
何が原因で、痴呆になってしまうのか?という事は、現時点では明らかになっていません......
物質中毒による認知症せん妄
痴呆に関して、『精神疾患の分類と診断の手引き』(DSM-4)という精神疾患の診断......
アメリカ精神医学会の手引書DSM-4のせん妄
痴呆に関して、『精神疾患の分類と診断の手引き』(DSM-4)という、精神疾患の診......
脳の萎縮が原因の痴呆症 ピック病
「ピック病」という病気をごぞんじでしょうか? この「ピック病」というのは、痴呆と......
痴呆症や認知症の症状と治療方法
痴呆を治す根本的な治療方法というのは、現在の段階では未だ確立されていません。 し......
脳髄液と脳腫瘍による正常圧水頭症
痴呆になる原因というのは、残念ながら現時点でははっきりしていませんが、痴呆の症状......
痴呆症 認知機能低下と見当識障害
知能の低下という症状が、痴呆の主な症状となっています。 どの程度、知能が低下した......

▲このページのトップへ