うつ病は、精神疾患のひとつとされています。
精神疾患というと「特別な病気」と感じる方も多いと思います。
ではうつ病は、ある一部しかかからない「特別な病気」なのでしょうか?

アメリカの操作的診断基準である、DSM−IV−TR(精神疾患の分類と診断の手引き)のうつ病の有病率の研究によると、ある時点から過去にさかのぼって1ヶ月間にうつ病と診断できることが可能であった人の割合は、1パーセント〜4.9パーセント、平均2.8パーセントであったという結果が出ています。
また、最近の研究では、15パーセント程度の人が一生のうちにうつ病にかかる可能性があるといわれています。

スポンサードリンク

うつ病(鬱病)は特別な病気?

2002年日本でもうつ病の調査が行われました。
1600人の一般人を対象に面接調査を行った結果、ある時点から過去にさかのぼって1ヶ月間にうつ病と診断できることが可能であった人の割合は、2パーセント、約35人〜50人に一人であったという結果が出ています。
生涯うつ病にかかる可能性は6.5パーセント、だいたい7人〜15人に一人という結果がでました。

意外と多いことに驚かれたのではないでしょうか。

実際、うつ病と診断されるほどでもない軽度の状態、例えば一過性の心理的なストレスでうつ状態になっている症状の人もいます。
また、総合失調症やパニック障害などのうつ病とは異なる疾患症状としてのうつ状態の人々。
そして、生体リズムなど、体の内部によって変調をきたしうつ状態に陥っている人々などもいるのです。

この人々も広く含めて「うつ」と考えると、私達の周りにはかなりの割合で「うつ」に苦しんでいる人たちがいるということになります。

このように「うつ」は全く特別ではなく、誰でも発病する可能性があります。
そして、重症の「うつ病」になる前に、軽度の状態でケアする事が非常に大切なのです。

スポンサードリンク

▲このページのトップへ

携帯版のQRコード

うつ病(鬱病):携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://chiryo.fo20.com/utu/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。