電気けいれん療法,薬物療法,カウンセリング

うつ病治療として昔から使用されている治療法に電気けいれん療法(ECT)というものがあります。

スポンサードリンク

これは、頭皮の上から電流を流し、人工的にケイレンを引き起こすことによってうつ病を治療していくものです。
この電気けいれん療法は、即効性が有り、安全でうつ病に大変有効であることから、保険適用されています。

現在うつ病治療には電気けいれん療法のほかに、音楽療法や光療法、運動療法、断眠療法などの限定的に行われる治療法や実験段階にある治療法もありますが、中にはうつ病治療として確立されてきている治療法もあります。
では、どういった治療法があるのでしょうか?

近年、非常に多いのが、「薬物療法」です。
うつ病の臨床実験において、抗うつ薬の有効性は実証されていますが、1週間〜3週間の服用を継続しないと効果が現れません。

また、抗うつ薬が効かない患者もいます。
このように、薬物療法で効果が見られない場合や自殺の危険性が高い重症状の場合は、即効性のある電気けいれん療法を行います。

カウンセリングと呼ばれる「精神療法」や「認知行動療法」も治療として確立されてきています。
その中でも「認知行動療法」は、抑うつ的な気分が原因で起こる認知のゆがみを自覚させ、そのゆがみを無くすために、気分や感情をコントロールし、外の世界の環境において自分がどう認識するのか正していく治療です。

他にも「経頭蓋磁気刺激(TMS)」という治療法があります。
これは、脳の中の一部に電流を起こすために、磁気パルスを頭の外側から当てます。

脳内の局所に電流を流すことによって、脳機能を活性化させようという治療です。
残念ながら、この「経頭蓋磁気刺激(TMS)」は、まだ保険適用されていません。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

うつ病の診断基準 DSM−IV−TR
米国精神医学会(APA)が作成した精神病の診断基準(DSM−IV−TR 精神疾患......
パニック障害 適応障害 神経症 躁うつ病 総合失調症
うつ病は男性よりも女性のほうが発症率が高いとされています。 そしてうつ病は、「精......
うつ病の主要症状
DSM−IV−TR(精神疾患の分類と診断の手引き)による「うつ病」と診断される基......
日本の精神医学と偏見
現在の日本では、精神医学に頼りすぎる傾向があります。 なにかの症状が現れたりちょ......
うつ病の生物学的仮説と心理学的・精神病理学的仮説
なせうつ病になってしまうかについて、いくつかの仮説があります。 まずは、生物学的......
子どものうつ病と治療法
うつ病はいったいどの位の確立で発症するのでしょうか? ここにうつ病発症率をデータ......
うつ病の生物学的仮説
うつ病はなぜ発症するのでしょうか? うつ病の原因についてはいくつかの仮説がありま......
うつ病の時点有病率
かつて、うつ病の治療法には電気けいれん療法の効果だけが証明されていましたが、近年......
砂遊び療法と箱庭療法
近年、子どものうつ病発症率が高くなっています。 これは社会的問題にもなってきてい......
うつ病になりやすい性格
なぜうつ病を発症してしまうのか。 このような疑問を持ったことはありませんか? こ......
子どものうつ病治療 箱庭療法
子どものうつ病治療として、「箱庭療法」が使用されています。 これは三環系抗うつ薬......
うつ病の症状と治療
うつ病は、心のカゼとよく言われますが、その重症度によっては大変危険な病気です。 ......
うつ病治療法 箱庭療法と遊戯療法
うつ病の治療法として箱庭療法や遊戯療法は非常に注目されています。 もともと箱庭療......
うつ病の心理療法と精神療法
うつ病の治療には、心理療法が効果的とされています。 心理療法とは、うつ病などの精......
うつ症状の度合いと治療法
今、うつ病の治療において、「良心的に、明確に、分別を持って、最新最良の医学知見を......
うつ状態の分類 大うつ病 気分変調症
うつ病やうつ症状には、様々な症状があり、その症状によって分類する方法があります。......

▲このページのトップへ