うつ病になりやすい性格

なぜうつ病を発症してしまうのか。
このような疑問を持ったことはありませんか?

スポンサードリンク

この答えには未認知行動の立場からの仮説や生物学的仮説、心理学的仮説などさまざまな仮説が唱えられています。
この中でも、心理学的仮説の中の病前性格論は、テレビなどでうつ病特集などの時に「うつ病にかかりやすい性格」のような内容でよく紹介されています。

ではどのような性格がうつ病になりやすいのでしょうか?

一つ目は、ドイツの精神科医テレンバッハが提唱する「メランコリー親和型性格」です。
この性格は、生真面目で几帳面であり、秩序を持って行動するため融通が利かないといった特徴があります。
この「メランコリー親和型性格」の人がうつ病になった場合、反復性のないうつ病を発症すると言われています。

二つ目は、日本の下田光造が提唱する「執着性格」です。
この性格は責任感が強く、几帳面で仕事を熱心にするといった特徴があります。
この「メランコリー親和型性格」の人がうつ病になった場合、主に躁うつ病や反復性うつ病を発症する可能性が高いといわれています。

三つ目は、クレッチマーが提唱する「循環性格」です。
この性格は、温厚で親切、しかも社交的なところも持ち合わせています。
しかし、優柔不断で決断力に乏しいために、さまざまな場面で板ばさみとなってしまうといった特徴があります。
この「循環性格」の人がうつ病になった場合、躁うつ病を発症する可能性が高いと言われています。

以上のような性格とうつ病の症状の関連をあげてきましたが、このような性格の持ち主が全てうつ病になる訳ではありません。
もちろん、以上のような性格を持っていなくてもうつ病になる方はいるのです。

うつ病の発生とその人の持っている性格との関係性はまだまだ説明できないことがたくさんあるのです。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

うつ病の診断基準 DSM−IV−TR
米国精神医学会(APA)が作成した精神病の診断基準(DSM−IV−TR 精神疾患......
パニック障害 適応障害 神経症 躁うつ病 総合失調症
うつ病は男性よりも女性のほうが発症率が高いとされています。 そしてうつ病は、「精......
うつ病の主要症状
DSM−IV−TR(精神疾患の分類と診断の手引き)による「うつ病」と診断される基......
日本の精神医学と偏見
現在の日本では、精神医学に頼りすぎる傾向があります。 なにかの症状が現れたりちょ......
うつ病の生物学的仮説と心理学的・精神病理学的仮説
なせうつ病になってしまうかについて、いくつかの仮説があります。 まずは、生物学的......
子どものうつ病と治療法
うつ病はいったいどの位の確立で発症するのでしょうか? ここにうつ病発症率をデータ......
うつ病の生物学的仮説
うつ病はなぜ発症するのでしょうか? うつ病の原因についてはいくつかの仮説がありま......
うつ病の時点有病率
かつて、うつ病の治療法には電気けいれん療法の効果だけが証明されていましたが、近年......
砂遊び療法と箱庭療法
近年、子どものうつ病発症率が高くなっています。 これは社会的問題にもなってきてい......
子どものうつ病治療 箱庭療法
子どものうつ病治療として、「箱庭療法」が使用されています。 これは三環系抗うつ薬......
うつ病の症状と治療
うつ病は、心のカゼとよく言われますが、その重症度によっては大変危険な病気です。 ......
電気けいれん療法,薬物療法,カウンセリング
うつ病治療として昔から使用されている治療法に電気けいれん療法(ECT)というもの......
うつ病治療法 箱庭療法と遊戯療法
うつ病の治療法として箱庭療法や遊戯療法は非常に注目されています。 もともと箱庭療......
うつ病の心理療法と精神療法
うつ病の治療には、心理療法が効果的とされています。 心理療法とは、うつ病などの精......
うつ症状の度合いと治療法
今、うつ病の治療において、「良心的に、明確に、分別を持って、最新最良の医学知見を......
うつ状態の分類 大うつ病 気分変調症
うつ病やうつ症状には、様々な症状があり、その症状によって分類する方法があります。......

▲このページのトップへ