砂遊び療法と箱庭療法

近年、子どものうつ病発症率が高くなっています。
これは社会的問題にもなってきています。

スポンサードリンク

12歳未満の児童期や12歳〜17歳までの思春期の子ども達は、言語の構成や複雑な概念はまだまだ不得意です。
うつ病になってしまった子ども達はそれにも増してうつ病の体験を自分の言葉で話すことは困難になります。
話すことすらできなくなる子どももいるのです。

そういった子ども達にとって言葉を使わず治療していく「遊戯療法」や「箱庭療法」は非常に有効的です。
これは心理療法の一種であり表現療法のひとつで、主に三環系抗うつ薬の投薬治療と並行して行っていく治療法です。

イギリスの小児科医が箱庭療法を発表し、それがユング心理学として発展し確立していきました。
当時は箱庭療法ではなく、「砂遊び療法」という名称でした。

それが、アメリカやヨーロッパなどに広がり、日本には1965年、河合隼雄によって発表、導入されました。
現在では世界中で用いられている治療法です。

箱庭療法は、セラピストが見守るなか、縦57cm×横72cm×高さ7cmの箱のなかに、クライエントがおもちゃを自由に入れていくという方法です。
おもちゃは特に決まりはなく、セラピストが用意します。
作られた作品に対して、あとで説明してもらったりする事もあるようです。

もともと箱庭療法は子どもを対象とした遊戯療法でした。
しかし、現在では成人の治療や精神障害を持つ患者さんにも使用されている治療法です。

箱庭療法は自由におもちゃを配置し、言語を使わず自分を表現していくことによってうつ病の快復を促していきます。
そのため、言語を使わず、遊びや象徴的な表現のなかで自己表現をする子ども達にとって箱庭療法はとても効果的な治療方法なのです。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

うつ病の診断基準 DSM−IV−TR
米国精神医学会(APA)が作成した精神病の診断基準(DSM−IV−TR 精神疾患......
パニック障害 適応障害 神経症 躁うつ病 総合失調症
うつ病は男性よりも女性のほうが発症率が高いとされています。 そしてうつ病は、「精......
うつ病の主要症状
DSM−IV−TR(精神疾患の分類と診断の手引き)による「うつ病」と診断される基......
日本の精神医学と偏見
現在の日本では、精神医学に頼りすぎる傾向があります。 なにかの症状が現れたりちょ......
うつ病の生物学的仮説と心理学的・精神病理学的仮説
なせうつ病になってしまうかについて、いくつかの仮説があります。 まずは、生物学的......
子どものうつ病と治療法
うつ病はいったいどの位の確立で発症するのでしょうか? ここにうつ病発症率をデータ......
うつ病の生物学的仮説
うつ病はなぜ発症するのでしょうか? うつ病の原因についてはいくつかの仮説がありま......
うつ病の時点有病率
かつて、うつ病の治療法には電気けいれん療法の効果だけが証明されていましたが、近年......
うつ病になりやすい性格
なぜうつ病を発症してしまうのか。 このような疑問を持ったことはありませんか? こ......
子どものうつ病治療 箱庭療法
子どものうつ病治療として、「箱庭療法」が使用されています。 これは三環系抗うつ薬......
うつ病の症状と治療
うつ病は、心のカゼとよく言われますが、その重症度によっては大変危険な病気です。 ......
電気けいれん療法,薬物療法,カウンセリング
うつ病治療として昔から使用されている治療法に電気けいれん療法(ECT)というもの......
うつ病治療法 箱庭療法と遊戯療法
うつ病の治療法として箱庭療法や遊戯療法は非常に注目されています。 もともと箱庭療......
うつ病の心理療法と精神療法
うつ病の治療には、心理療法が効果的とされています。 心理療法とは、うつ病などの精......
うつ症状の度合いと治療法
今、うつ病の治療において、「良心的に、明確に、分別を持って、最新最良の医学知見を......
うつ状態の分類 大うつ病 気分変調症
うつ病やうつ症状には、様々な症状があり、その症状によって分類する方法があります。......

▲このページのトップへ