子どものうつ病と治療法

うつ病はいったいどの位の確立で発症するのでしょうか?

スポンサードリンク

ここにうつ病発症率をデータ化した結果があります。
これは、アメリカの操作的診断基準である、DSM−IV−TR(精神疾患の分類と診断の手引き)によって導かれたものです。

うつ病有病率は大人の一般人口の2.8パーセントとされています。
日本での面接調査では、時点有病率は一般人口の2パーセント。
生涯有病率は6.5パーセントとされています。

では、子どものうつ病に対してはどうなのでしょうか?

12歳未満の児童期を対象にしたデータでは、全体の0.5パーセント〜2.5パーセントのうつ病の有病率があり、12歳〜17歳の思春期以降の子どもを対象にしたデータでは、全体の2パーセント〜8パーセントのうつ病有病率があることがわかっています。

子どものうつ病の治療は、薬物療法と非言語的精神療法を併用して行っていくことが推奨されています。

薬物治療の方法は、少量の三環系抗うつ薬を投薬することから始まり、徐々に増量して投薬していきます。
非言語的精神療法は、遊びながらコミュニケーションをとり、患者本人の表現方法の手段として行われる「遊戯療法」と、セラピストが見守る中、規定の箱の中に患者が部屋にあるおもちゃを自由に配置していく「箱庭療法」があり、どちらも心理療法の一種です。

また、子どものうつ病治療のひとつに、親子関係の見直しや学校との連絡が密に取れるようにするなど環境の見直しも行われます。

子ども場合、うつ病体験を言葉で大人に伝えることは困難です。
しかし、子どものうつ病の場合、行動によって表へ現れてきます。

例えば、学校へ行きたくないなどの不登校や「お腹が痛い」「頭が痛い」などの身体的症状などです。
このような、子どもの微妙な変化を周りにいる大人が気づいてあげることこそ、うつ病を深刻な状態にさせないために重要なのです。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

うつ病の診断基準 DSM−IV−TR
米国精神医学会(APA)が作成した精神病の診断基準(DSM−IV−TR 精神疾患......
パニック障害 適応障害 神経症 躁うつ病 総合失調症
うつ病は男性よりも女性のほうが発症率が高いとされています。 そしてうつ病は、「精......
うつ病の主要症状
DSM−IV−TR(精神疾患の分類と診断の手引き)による「うつ病」と診断される基......
日本の精神医学と偏見
現在の日本では、精神医学に頼りすぎる傾向があります。 なにかの症状が現れたりちょ......
うつ病の生物学的仮説と心理学的・精神病理学的仮説
なせうつ病になってしまうかについて、いくつかの仮説があります。 まずは、生物学的......
うつ病の生物学的仮説
うつ病はなぜ発症するのでしょうか? うつ病の原因についてはいくつかの仮説がありま......
うつ病の時点有病率
かつて、うつ病の治療法には電気けいれん療法の効果だけが証明されていましたが、近年......
砂遊び療法と箱庭療法
近年、子どものうつ病発症率が高くなっています。 これは社会的問題にもなってきてい......
うつ病になりやすい性格
なぜうつ病を発症してしまうのか。 このような疑問を持ったことはありませんか? こ......
子どものうつ病治療 箱庭療法
子どものうつ病治療として、「箱庭療法」が使用されています。 これは三環系抗うつ薬......
うつ病の症状と治療
うつ病は、心のカゼとよく言われますが、その重症度によっては大変危険な病気です。 ......
電気けいれん療法,薬物療法,カウンセリング
うつ病治療として昔から使用されている治療法に電気けいれん療法(ECT)というもの......
うつ病治療法 箱庭療法と遊戯療法
うつ病の治療法として箱庭療法や遊戯療法は非常に注目されています。 もともと箱庭療......
うつ病の心理療法と精神療法
うつ病の治療には、心理療法が効果的とされています。 心理療法とは、うつ病などの精......
うつ症状の度合いと治療法
今、うつ病の治療において、「良心的に、明確に、分別を持って、最新最良の医学知見を......
うつ状態の分類 大うつ病 気分変調症
うつ病やうつ症状には、様々な症状があり、その症状によって分類する方法があります。......

▲このページのトップへ