うつ病の生物学的仮説と心理学的・精神病理学的仮説

なせうつ病になってしまうかについて、いくつかの仮説があります。

スポンサードリンク

まずは、生物学的仮説です。
これは、薬の有効性によって導かれたモノアミン仮説やうつ病患者のMRIなどの画像診断に基づく仮説があります。

モノアミン仮説のなかでも近年話題になっているのは、「セロトニン仮説」です。
セロトニン仮説とは、セロトニンの代謝に関係したSSRIとよばれる薬物の売り上げが増えたことによって浮上した仮説です。

そして、脳内の海馬という部分の神経損傷が原因でうつ病になるのではないかという仮説もあります。
ただし、いずれの仮説も決定的な結論ではありませんし臨床的な治療に大きな影響力が出るほどの研究もされていません。

次に、心理学的・精神病理学的仮説です。
この心理学的・精神病理学的仮説はさまざまな仮説があるのですが、その中で最も有名なのが、テレンバッハが唱えたメランコリー親和型性格に関する仮説です。

メランコリー親和型性格とは、生真面目で几帳面、小心者という性格を意味します。
例えばこの性格の持ち主が職場での昇進が決まったとしましょう。
その場合、「全てきちんと完璧にしなくてはいけないのだ」と思い、そのため自分に無理を重ね、その結果うつ病を発症してしまう、という仮説です。

最後に、認知療法の立場から生まれた仮説です。
普通の人が普通に考える事を、その人の今までの人生経験において否定的に思考が動き、いつでも否定的な考え方をしてしまい、それが、うつ病の発症と関係しているのではないか、という仮説です。

このようにうつ病の成因論にはいくつかの仮説がありますが、うつ病発生の全てを説明できているわけではなく、うつ病に対しての明らかな結論はまだ出ていないということが現状です。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

うつ病の診断基準 DSM−IV−TR
米国精神医学会(APA)が作成した精神病の診断基準(DSM−IV−TR 精神疾患......
パニック障害 適応障害 神経症 躁うつ病 総合失調症
うつ病は男性よりも女性のほうが発症率が高いとされています。 そしてうつ病は、「精......
うつ病の主要症状
DSM−IV−TR(精神疾患の分類と診断の手引き)による「うつ病」と診断される基......
日本の精神医学と偏見
現在の日本では、精神医学に頼りすぎる傾向があります。 なにかの症状が現れたりちょ......
子どものうつ病と治療法
うつ病はいったいどの位の確立で発症するのでしょうか? ここにうつ病発症率をデータ......
うつ病の生物学的仮説
うつ病はなぜ発症するのでしょうか? うつ病の原因についてはいくつかの仮説がありま......
うつ病の時点有病率
かつて、うつ病の治療法には電気けいれん療法の効果だけが証明されていましたが、近年......
砂遊び療法と箱庭療法
近年、子どものうつ病発症率が高くなっています。 これは社会的問題にもなってきてい......
うつ病になりやすい性格
なぜうつ病を発症してしまうのか。 このような疑問を持ったことはありませんか? こ......
子どものうつ病治療 箱庭療法
子どものうつ病治療として、「箱庭療法」が使用されています。 これは三環系抗うつ薬......
うつ病の症状と治療
うつ病は、心のカゼとよく言われますが、その重症度によっては大変危険な病気です。 ......
電気けいれん療法,薬物療法,カウンセリング
うつ病治療として昔から使用されている治療法に電気けいれん療法(ECT)というもの......
うつ病治療法 箱庭療法と遊戯療法
うつ病の治療法として箱庭療法や遊戯療法は非常に注目されています。 もともと箱庭療......
うつ病の心理療法と精神療法
うつ病の治療には、心理療法が効果的とされています。 心理療法とは、うつ病などの精......
うつ症状の度合いと治療法
今、うつ病の治療において、「良心的に、明確に、分別を持って、最新最良の医学知見を......
うつ状態の分類 大うつ病 気分変調症
うつ病やうつ症状には、様々な症状があり、その症状によって分類する方法があります。......

▲このページのトップへ