子どもの鬱病

働き盛りの年代の鬱病発症は、大変問題とされています。
精神疾患の分類と診断の手引き(DSM−IV−TR)に、一般人口の鬱病有病率が示されています。

スポンサードリンク

ある時点から一ヶ月さかのぼった時に「鬱病」と診断できる状態にあった人の割合(時点有病率)は、1パーセント〜4.9パーセント、平均約2.8パーセントとされています。
また、生涯にわたって鬱病にかかる可能性(生涯有病率)は、15パーセントと言われています。

日本でも面接調査を行った結果、ある時点から一ヶ月さかのぼった時に「鬱病」と診断できる状態にあった人の割合(時点有病率)は、2パーセント。
そして、生涯にわたって鬱病にかかる可能性(生涯有病率)は、6.5パーセントでした。

大人の鬱病と同じく社会問題となっているのが「子どもの鬱病」です。

12歳未満の児童期の子ども達の0.5パーセント〜2.5パーセント、そして12歳〜17歳の思春期以降の子ども達の2パーセント〜8パーセントが鬱病になりやすいと言われています。

子どもの場合、自分で症状を訴えることも、自分で病院にかかることも困難です。
ですから、周囲の大人たちが子どものちょっとした身体的な症状の訴えや変化、行動などに耳を傾ける姿勢が大切になってきます。

では、鬱病の子ども達の行動はどのようなものなのでしょうか?

鬱病が軽症状の場合、少し落ち込んで見えたり、イライラしたりといった行動が見えます。
この時、うつ症状をなかなか言葉にできない子どもが多いのです。

またよく現れる行動として、「お腹が痛い」「頭が痛い」などの体調不良を訴えたり、学校へ行きたくないなどの不登校があげられます。

鬱病やうつ症状を悪化させないためにも、小さな変化に気づいてあげることが子どもの鬱病にとっては大変重要なのです。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

うつ状態 統合失調症とパニック障害
うつ状態を含む他の疾患として、パニック障害や総合失調症があります。 パニック障害......
鬱病の身体的症状と鬱病診断
鬱病は、精神症状のほかに食欲・体重・睡眠・身体的活動性の4つに、顕著な増加、又は......
子どもの鬱病と箱庭療法
鬱病は大人がかかる病気と思う方も多いと思いますが、最近では、6歳〜17歳までの子......
躁鬱病 反復鬱病 単一エピソード鬱病
鬱病には、人によって様々な症状がありますが、鬱病の長期的経過による方法で分けてい......

▲このページのトップへ